2015年12月30日

2015 年もお世話になりました

2015年も残すところあとわずかになりました。

今年は原監督にとって5年ぶりの劇場アニメ新作となる『百日紅』が公開され、これに合わせて、数々のイベントが開催され原監督ファンにとっては充実した一年になったことと思います。

個人的には、西日本方面で原監督のイベントが開催される機会が増えたことに加え、7月から仕事の都合で東京に異動したこともあって、東京のイベントに参加できる機会も増えました。
その結果、今年はブログ初めてから最も多くイベントレポの記事を書いたように思います。普段は年に10回も満たない更新頻度ですが(笑)

心残りだったのは、阿佐ヶ谷ロフトの藤原啓治さんとの飲み会(?)イベントに参加できなかったことと、12月のシネマスコーレの原恵一映画祭に原監督が欠席されてしまったことでしょうか。どちらも普段では聞くことのできない話も飛び出すだろうと楽しみにしていたのですが、話を伺うことができず残念でした。

もっとも、どちらも次回開催を計画されているようなので、そのときには是非参加したいと思います。

すでに海外から多くの映画賞をいただいている『百日紅』ですが、年明け以降は日本国内の映画賞レースも本格化してきます。果たして『百日紅』は国内ではどのような評価をもって迎えられるのか注目したいところです。

そしてこれを受けて原監督の「次」がどのような方向に向かっていくのか、あわせて注目したいと思います。ブログの更新頻度は下がると思いますが(笑)

2015年も「原恵一監督を応援するブログ」とTwitterをご覧いただきましてありがとうございました。
皆様良いお年をお迎えください。

21259C41-C82D-405B-8145-364A4FA90051.jpg


posted by チューシン倉 at 06:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記・ネタ | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

第2回モーレツ!原恵一映画祭in名古屋に行ってきました

今年の2月21日に、名古屋のシネマスコーレで『オトナ帝国』の上映と原監督のトークイベントが行われた「モーレツ! 原恵一映画祭」。そのイベントの第2弾となる「第2回モーレツ!原恵一映画祭in名古屋」が、先日12月19日に、前回と同じシネマスコーレで行われました。

IMG_2844.jpg

IMG_2846.jpg

今回上映された作品は、原恵一監督の劇場デビュー作品である『エスパー魔美 星空のダンシングドール』と、TVシリーズ第54話の「たんぽぽのコーヒー」、第96話「俺たちTONBI」です。いずれも原監督自ら絵コンテ・演出を手がけており、96話では初めて脚本も手がけた傑作です。

続きを読む
posted by チューシン倉 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

『百日紅』『恋人たち』コラボオールナイトに行ってきました

12月12日(土)にテアトル新宿で、『百日紅』と、現在絶賛公開中の『恋人たち』とのコラボオールナイトが行われました。

『恋人たち』は、『ハッシュ!』『ぐるりのこと。』などで知られる橋口亮輔監督の最新作で、通り魔に妻を殺され裁判のために奔走する男、同性愛者で完璧主義の弁護士、自分に関心を示さない夫と、そりの合わない姑との平凡な生活の中で、突如現れた男に心が揺れ動く主婦の、3人の群像劇を描いています。私はこの映画をすでに鑑賞したのですが、世の不条理さに翻弄されながらも、そんな中に希望を見出していこうとする橋口監督の懐の深さを感じさせる映画でとても感動しました。ぜひみなさんにも観ていただきたい映画だと思います。

その『恋人たち』と『百日紅』がコラボし、両作品の上映のほか、Blu-ray特典映像の『百日紅』メイキングの特別上映、さらに原恵一監督と橋口亮輔監督の対談が行われるという、なかなかお目にかかれない機会ということで参加してきました。

IMG_2754.jpg

IMG_2755.jpg

続きを読む
posted by チューシン倉 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

NHK文化センター原恵一監督×藤津亮太さん対談講演に行ってきました

先日11月29日(日)にNHK文化センターの青山教室にて、原恵一監督と、アニメ評論家として知られる藤津亮太さんの対談講演が開かれ、行ってきました。

藤津さんは、たびたびインタビュアーとして、これまでもオーディオコメンタリーなどで原監督にインタビューされており、今回の『百日紅』にも絵コンテ集やオーディオコメンタリーなどで関わっております。これまでのインタビューからは聞き出せなかったお話も聞けるかと思い、今回参加することにしたのでした。



続きを読む
ラベル:百日紅 藤津亮太
posted by チューシン倉 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | 更新情報をチェックする