2012年10月21日

『クレヨンしんちゃん』新文芸坐オールナイトで展示された資料の数々

前回からの続きです。

大盛況のうちトークショーは終了しましたが、実はゲストのみなさんがこのイベントのために、非常に貴重なものを用意してくれました。

なんと、ゲストのサイン色紙を始め、メモ書きや、キャラクターデザイン・設定デザインのラフイラスト、さらに臼井先生からのメッセージ色紙など、クレヨンしんちゃん映画の貴重な資料の数々がロビーに展示されていました。おそらく今回が初公開となった資料も多く含まれているでしょう。予想外のサプライズに、私も興奮してしまいました。

せっかくですので、今回展示された資料の数々を以下に掲載いたします。(写真をクリックすると拡大写真が開きます。)

animestyle10.jpg

animestyle2.jpg

animestyle3.jpg

animestyle4.jpg

animestyle5.jpg

animestyle6.jpg

animestyle7.jpg

animestyle8.jpg

animestyle9.jpg


こういう資料はぜひとも何らかの機会で、出版されてほしいものですね。貴重な資料ありがとうございました!

トークショーのあとは、映画をゆっくりと楽しませていただきました。その中でも『雲黒斎の野望』については、本郷監督が語ったところによると、劇場公開版では、雲黒斎ことヒエール・ジョコマンによって作り替えられた世界でのニュース映像に、サブリミナル表現を入れる演出をしていました。しかし、公開当時、オウム真理教事件が起き、その際、オウムの代表をサブリミナルで入れていたアニメが問題視された影響を受けて、DVD版では修正されてしまったのだそうです。そういうわけで、今回は貴重な劇場公開版を見ることができ、例のシーンも見ることができました。

トークショーのみならず、貴重な資料を拝見でき、そのうえ劇場でしか見られない貴重なシーンも見ることができて、本当に素敵なオールナイトイベントでした。第二弾以降の開催もぜひ楽しみにしています。
本当にありがとうございました!

posted by チューシン倉 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック