2012年11月18日

『カラフル』聖地巡礼(2) 等々力&二子玉川

2週間ほど空けてしまいましたが、前回からの続きです。
今回は市街地のほうを案内いたします。

まずは等々力駅周辺。
ひろかを見かけた真が彼女のあとをつけていくシーンで登場する等々力駅です。この周辺は映画公開時とはほとんど変わっておらず、ほぼ同じ光景です。

todoroki_sta.jpg

todoroki_sta2.jpg


序盤で真が一人佇んでいた、等々力渓谷に架かるゴルフ橋です。戦前この近くにゴルフ場があったことからその名がついたそうですが、現在は存在しません。このゴルフ橋から等々力渓谷を見下ろせます。

todorokikeikoku.jpg

todorokikeikoku2.jpg



等々力渓谷へはゴルフ橋の近くにある入口から下に下りることができます。中盤で真とプラプラは、この等々力渓谷で話を交わします。小川に架かる橋や稲荷堂もこのとおり映画と同じです。

todorokikeikoku3.jpg

todorokikeikoku5.jpg



todorokikeikoku4.jpg

この稲荷堂近くの階段を上って、真はプラプラと別れます。この階段を上った先に・・・

tekkyou.jpg

東急線をまたぐ跨線橋が見えてきます・・・というのは映画のお話。
実際は稲荷堂の階段を上っていくと、等々力不動尊のほうに行きます。この跨線橋は二子玉川のほうにあるので、ということは真は等々力渓谷から一瞬で二子玉川に戻ったことになりますね(笑)
ちょうど東急の電車が通過するのを狙って写真を撮ってきました。

tekkyou2.jpg

tekkyou4.jpg



そしてこの跨線橋の近くに、真とひろかが会話を交わした瀬田アートトンネルがあります。その名の通り、トンネル内にはモザイク壁画が描かれており、夜中でも通りやすい雰囲気です。ちなみにこの上を国道246号が通っています。

setaarttonnel2.jpg

setaarttonnel.jpg



再び二子玉川駅のほうに戻ります。駅近くにはいわくのあのホテルがありました。

tekkyou3.jpg


真がひろかの援助交際を目撃し、その後母の不倫現場を目撃してしまったラブホテルのモデルです。映画では多摩川沿いにあるという設定ですが、実際には線路沿いにあります。なお、実際のホテルはラブホテルではなく、普通のビジネスホテルですので、カップルでなくても宿泊できますよ(笑)


最後は映画のラストシーンに登場するあの場所です。


shinhutakobasi.jpg
真と早乙女くんが自転車で登っていく道です。


shinhutakobasi4.jpg
国道との合流地点です。



shinhutakobasi3.jpg

shinhutakobasi2.jpg


ラストシーンの場所となった新二子橋に着きました。橋から見下ろす多摩川の光景も、見ていてとても気持ちが良かったです。生きていることを実感させられる光景でした。
「ぼくは、生きてます。」

というわけで、二年遅れの聖地巡礼となりましたが、やはり行ってみて楽しかったです。残念だったのは、さすがに公開からだいぶ経っちゃったので、『カラフル』の聖地という地元のアピールが少なかったということでしょうか。とはいえ、何年経っても作品が色褪せることはないと信じたいので、また機会があれば訪れたいですね。
posted by チューシン倉 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖地巡礼 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック