2012年07月23日

SWITCH8月号で細田守監督との対談記事

『時をかける少女』『サマーウォーズ』で知られる細田守監督の最新作『おおかみこどもの雨と雪』が先日公開されました。私もさっそく初日に見に行ってきましたが、本当に素晴らしい作品でした。もはや細田監督は宮崎駿監督と同等と言っても過言ではないと思います。ぜひみなさん、映画館へ行ってご覧になることをオススメします。

さて、その細田守監督と原恵一監督が、先日発売のSWITCH8月号で対談を果たしました。お二方が雑誌で対談されるのは2007年の『河童のクゥと夏休み』公開時にキネマ旬報で対談して以来のことかと思います。

続きを読む
posted by チューシン倉 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

杉並区の情報誌「cedre」に原監督のインタビュー

どうもみなさんお久しぶりの更新です。新年の挨拶もまだでしたね。あけましておめでとうございます(笑)
今年もこんな飛び飛びの更新になってしまうかと思いますが、「原恵一監督を応援するブログ」をどうぞよろしくお願いいたします。Twitterのほうは随時書き込んでますので、そちらのほうもぜひよろしくお願いいたします。

さて、ただいま杉並区内にて配布中の情報誌「cedre(セドル)」に原恵一監督のインタビューが掲載されています。「cedre(セドル)」は杉並区の児童青少年課が発行している情報誌で、中学生から大学生までの編集スタッフの手で作られています。区が発行している情報誌と聞いてちょっとお堅いものを想像していましたが、意外にも若者向けに作られたポップな雑誌になっています。

cedre.jpg


続きを読む
ラベル:杉並区
posted by チューシン倉 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

原恵一監督×山田太一さん対談が実現!

現在発売中のミニコミ誌「For everyman」で、原恵一監督と脚本家の山田太一さんとの、4万字にわたるロング対談が掲載されています。「いま、木下恵介が復活する」というタイトルで、木下作品について語り合う内容となっているようです。

木下監督作品を敬愛し、自身もその影響を受けているという原恵一監督と、その木下監督に師事し多くの傑作テレビドラマを生み出した山田太一さんとの対談。共に日常のホームドラマを描き続けている二人の巨匠の対談は必見でしょう。

原監督は山田太一さんのドラマも好んで見ているそうで、近作の『カラフル』も山田太一さんの『岸辺のアルバム』の影響を受けているともいわれます。そこらへんの話題も出てほしいですね。

この「For everyman」はミニコミ誌のため、取り扱っている書店が限られています。取り扱い書店はこちらにあります。
書店に買いに行けないという方は、一部書店で通販もやってますのでご利用ください。

ガケ書房の遠方販売のページ
恵文社一乗寺店
タコシェオンラインショップ


さて、グリソムギャングの原監督トークショーが、いよいよあと1週間を切りました。原監督とお酒が飲める機会はそうないので、今からとても楽しみにしてます。果たして次回作の話はあるのかどうか。もしわかりましたら会場から速報でツイートするつもりですのでお楽しみに。止められるかもしれませんが(笑)

しかし、グリソムギャングのようなああいう場所に行くの初めてなんで、一人だとちょっと心細いなあ・・・。


<参照記事>
新雑誌『For Everyman/フォーエブリマン』創刊」(ぼうふら漂遊日記)


 

ラベル:原恵一 山田太一
posted by チューシン倉 at 15:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 書籍 | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

『オトナ帝国』『河童のクゥ』がキネ旬オールタイム・ベストテンに!

感想の続きを書かなければならないところですが、なかなか書く時間がとれず誠に申し訳ありません。続きはもうしばらくお待ちくださいm(_ _)m

さて、先日キネマ旬報から「オールタイム・ベスト映画遺産アニメーション篇」が発売されました。キネマ旬報の創刊90周年を記念して刊行されたのですが、今回オールタイム・ベストアニメーション映画が発表されました。以下は日本映画部門のベストテンです。

1位:『ルパン三世 カリオストロの城』
2位:『風の谷のナウシカ』
3位:『となりのトトロ』
4位:『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』
5位:『AKIRA』
6位:『長靴をはいた猫』
7位:『太陽の王子 ホルスの大冒険』
7位:『白蛇伝』
10位:『河童のクゥと夏休み』
10位:『サマーウォーズ』
10位:『天空の城ラピュタ』
10位:『火垂るの墓』

1位の『カリオストロの城』を筆頭に、トップ3は宮崎駿監督作品が独占するという結果になってしまいましたが、そんな並み居る名作に食い込んで、第4位に『オトナ帝国の逆襲』が見事にランクインしました。
さらに10位には『河童のクゥと夏休み』も入り、原監督2作品がオールタイムベストテン入りを果たしました。おめでとうございます!!

ただ、気になるのが同率で10位が4作品も入って、12作品がベストテンに入るという変な結果になってしまってます(笑)。どうも毎年のベストテンとは違い、投票された作品はすべて1点という計算になるため、結果的に同率が多くなってしまったようです。う~ん、なんかしっくり来ませんね…。


一方、読者によるオールタイムベストはというと、評論家のベストテンとはだいぶ異なる結果に…。

1位:『ルパン三世 カリオストロの城』
2位:『となりのトトロ』
3位:『風の谷のナウシカ』
4位:『サマーウォーズ』
5位:『河童のクゥと夏休み』
6位:『天空の城ラピュタ』
7位:『千と千尋の神隠し』
8位:『火垂るの墓』
9位:『伝説巨神イデオン 接触篇/発動篇』
10位:『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』

『カリオストロの城』は変わらず1位で、2位と3位が入れ替わっているのですが、4位に『サマーウォーズ』が入り、そして5位に『河童のクゥ』が入るという結果に。『オトナ帝国』は10位と『クゥ』を下回る結果になってしまいました。なんだ、この違いは!?
ちなみに、読者投票のほうは毎年のベストテンと同様、「1位10点、2位9点、3位8点…」という集計にしていたため、同率は少なくなってます。


ちなみに、このほかの原監督作品では『戦国大合戦』が評論家投票では35位(5点)、読者投票では19位(203点)に。『エスパー魔美 星空のダンシングドール』『クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦』が評論家投票で98位(1点)にランクインしていました。う~ん、『戦国大合戦』は意外と評論家投票では順位低いですね。あと、評論家投票では点が入らなかった作品が、読者投票では得票を集めている作品もちらほら見受けられました。う~ん、どうも読者と評論家との乖離が激しいような気がしますね…。

まあ、結果はどうあれ、映画史に残る傑作としてこうして挙げられたことはとても光栄なことだと思います。これをきっかけに、原監督作品に触れる人がますます増えてくれればいいですね。

ムックでは、外国アニメ映画のベストテンや、オールタイムベストに選ばれた作品の解説、著名人によるコラム・インタビューなどが掲載されています。資料としては一読の価値があるかと思いますので、手にとってみてはいかがでしょうか?


オールタイム・ベスト 映画遺産 アニメーション篇 (キネ旬ムック)

オールタイム・ベスト 映画遺産 アニメーション篇 (キネ旬ムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: キネマ旬報社
  • 発売日: 2010/10/29
  • メディア: ムック


posted by チューシン倉 at 02:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 書籍 | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

『カラフル』絵コンテ集発売!

昨日、ファン待望の『カラフル』絵コンテ集が発売されました!

全パート収録というだけあって、ページ数は672ページという大ボリューム。また巻末には原恵一監督のインタビューも収録されており、『カラフル』の制作秘話や原監督の絵コンテに対するこだわりがよくわかる内容になってます。メインの絵コンテのほうも見応え十分。さすがに絵が上手いだけあって、演出意図もコンテを見るだけで十分伝わってくるような気がしますね。実際の映像では使われなかったカットも出てくるので、こちらも必見です。

ひとつ残念だったのは、前作の『河童のクゥ』の絵コンテ集には、ページ下に各シーンについての原監督の短い解説が載っていて、とても興味深く読ませていただいたのですが、今作はそれが一切なくてがっかり。もっとも版元が違うので、当然ながら編集方針も違うんでしょうけども、もっと知りたいこともあっただけに残念です。

コンテ集には帯も巻かれていたのですが、そこには今作で真の母を演じた、原監督ファンの麻生久美子さんがコメントを寄せていました。
音のない絵コンテ集だからこそ広がる世界があるのかも。いろんな色と沢山の音で自分だけの「Colorful」をどうぞ。
宣伝のときも、キャストの中で一番と言っていいほど積極的にインタビューなどに応じていた麻生さんですが、ここでも協力的なところを見ると、やっぱり相当の原監督ファンなんですね。麻生さんには今後とも「芸能界一の原恵一ファン」として、原監督作品の素晴らしさを多くの人に伝えていってほしいものですw


カラフル 原恵一 絵コンテ集

カラフル 原恵一 絵コンテ集

  • 作者: 原 恵一
  • 出版社/メーカー: 新紀元社
  • 発売日: 2010/10/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




【オススメ情報】
現在Gyao!にて無料配信中の『エスパー魔美』ですが、14日からは珠玉の名作といえる第17話「サマードッグ」の配信が始まってます!この大号泣必至の名作の絵コンテを担当したのは、もちろん原監督。27日までの配信ですのでこの機会をお見逃しなく!オススメです!

エスパー魔美|無料動画 GyaO![ギャオ]|アニメ
ラベル:カラフル
posted by チューシン倉 at 00:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍 | 更新情報をチェックする