2008年09月24日

遠野巡礼記(5) 釜石編

ついにというか、ようやくというか、この巡礼記も今回で最終回です。

最後を締めくくるのは、クゥが初めて海と出会った街、釜石です。
遠野から釜石線で、一路終点の釜石に向かいます。

遠野駅 

各駅停車でおよそ1時間。釜石駅に到着しました。

釜石駅

映画を見た限りでは、ローカルな駅をイメージしていたのですが、実際の駅前は、ショッピングセンターなどがあり、少しにぎやかでした。交通量も多かったです。

新日鉄釜石そして、釜石駅前にある工場が、新日鉄の釜石工場です。こちらでは、主にタイヤに用いられるスチールコード用線材を生産しています。新日鉄はアマチュアスポーツが盛んで、中でも新日鉄釜石ラクビー部は、1978年度から1984年度まで日本選手権7連覇を達成しました。現在ラクビー部は、2001年度からは「釜石シーウェイブス」というクラブチームとして生まれ変わり、地元住民に親しまれています。

河口 釜石駅から10~15分ほど歩くと、海が見えてきました。ここはちょうど河口のところです。この日は雲ひとつない晴天だったので、海が一層青く美しく輝いていました。

海康一たちは駅から歩いて海辺にやってきてましたが、実際は駅から歩いていける距離に、映画に出てきたような人気のない海辺はありません。探すにしても、徒歩ではかなりしんどいです。あまり釜石にいる時間もなかったので、結局、街から海を眺める程度で、釜石をあとにしました。

そんな感じで5回に分けて遠野巡礼記をお届けしましたが、今回の聖地巡礼旅行は結構楽しかったです。サイクリングはとても気持ちよかったですし、騒がしい街を離れて、田舎でのんびり過ごすのもとてもいいものです。日本にはまだまだこんなにいいところがあるんですね。

あと残るは沖縄のやんばるですが、さすがに遠いので、すぐに行けるかどうかは微妙です。できるだけ早いうちにクゥちゃんに会いに行きたいものです。

ラベル:釜石
posted by チューシン倉 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖地巡礼 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック