2010年11月04日

『オトナ帝国』『河童のクゥ』がキネ旬オールタイム・ベストテンに!

感想の続きを書かなければならないところですが、なかなか書く時間がとれず誠に申し訳ありません。続きはもうしばらくお待ちくださいm(_ _)m

さて、先日キネマ旬報から「オールタイム・ベスト映画遺産アニメーション篇」が発売されました。キネマ旬報の創刊90周年を記念して刊行されたのですが、今回オールタイム・ベストアニメーション映画が発表されました。以下は日本映画部門のベストテンです。

1位:『ルパン三世 カリオストロの城』
2位:『風の谷のナウシカ』
3位:『となりのトトロ』
4位:『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』
5位:『AKIRA』
6位:『長靴をはいた猫』
7位:『太陽の王子 ホルスの大冒険』
7位:『白蛇伝』
10位:『河童のクゥと夏休み』
10位:『サマーウォーズ』
10位:『天空の城ラピュタ』
10位:『火垂るの墓』

1位の『カリオストロの城』を筆頭に、トップ3は宮崎駿監督作品が独占するという結果になってしまいましたが、そんな並み居る名作に食い込んで、第4位に『オトナ帝国の逆襲』が見事にランクインしました。
さらに10位には『河童のクゥと夏休み』も入り、原監督2作品がオールタイムベストテン入りを果たしました。おめでとうございます!!

ただ、気になるのが同率で10位が4作品も入って、12作品がベストテンに入るという変な結果になってしまってます(笑)。どうも毎年のベストテンとは違い、投票された作品はすべて1点という計算になるため、結果的に同率が多くなってしまったようです。う~ん、なんかしっくり来ませんね…。


一方、読者によるオールタイムベストはというと、評論家のベストテンとはだいぶ異なる結果に…。

1位:『ルパン三世 カリオストロの城』
2位:『となりのトトロ』
3位:『風の谷のナウシカ』
4位:『サマーウォーズ』
5位:『河童のクゥと夏休み』
6位:『天空の城ラピュタ』
7位:『千と千尋の神隠し』
8位:『火垂るの墓』
9位:『伝説巨神イデオン 接触篇/発動篇』
10位:『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』

『カリオストロの城』は変わらず1位で、2位と3位が入れ替わっているのですが、4位に『サマーウォーズ』が入り、そして5位に『河童のクゥ』が入るという結果に。『オトナ帝国』は10位と『クゥ』を下回る結果になってしまいました。なんだ、この違いは!?
ちなみに、読者投票のほうは毎年のベストテンと同様、「1位10点、2位9点、3位8点…」という集計にしていたため、同率は少なくなってます。


ちなみに、このほかの原監督作品では『戦国大合戦』が評論家投票では35位(5点)、読者投票では19位(203点)に。『エスパー魔美 星空のダンシングドール』『クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦』が評論家投票で98位(1点)にランクインしていました。う~ん、『戦国大合戦』は意外と評論家投票では順位低いですね。あと、評論家投票では点が入らなかった作品が、読者投票では得票を集めている作品もちらほら見受けられました。う~ん、どうも読者と評論家との乖離が激しいような気がしますね…。

まあ、結果はどうあれ、映画史に残る傑作としてこうして挙げられたことはとても光栄なことだと思います。これをきっかけに、原監督作品に触れる人がますます増えてくれればいいですね。

ムックでは、外国アニメ映画のベストテンや、オールタイムベストに選ばれた作品の解説、著名人によるコラム・インタビューなどが掲載されています。資料としては一読の価値があるかと思いますので、手にとってみてはいかがでしょうか?


オールタイム・ベスト 映画遺産 アニメーション篇 (キネ旬ムック)

オールタイム・ベスト 映画遺産 アニメーション篇 (キネ旬ムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: キネマ旬報社
  • 発売日: 2010/10/29
  • メディア: ムック


posted by チューシン倉 at 02:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 書籍 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
また、クレヨンしんちゃんやってほしいです原さんで。
Posted by d at 2012年04月30日 13:51
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック