2012年07月23日

SWITCH8月号で細田守監督との対談記事

『時をかける少女』『サマーウォーズ』で知られる細田守監督の最新作『おおかみこどもの雨と雪』が先日公開されました。私もさっそく初日に見に行ってきましたが、本当に素晴らしい作品でした。もはや細田監督は宮崎駿監督と同等と言っても過言ではないと思います。ぜひみなさん、映画館へ行ってご覧になることをオススメします。

さて、その細田守監督と原恵一監督が、先日発売のSWITCH8月号で対談を果たしました。お二方が雑誌で対談されるのは2007年の『河童のクゥと夏休み』公開時にキネマ旬報で対談して以来のことかと思います。



対談記事は2ページほどですが、お互いの日常描写に対するこだわりや、今回『おおかみこども』で花を演じ『カラフル』でも佐野唱子を演じていた宮崎あおいさんの印象などを語っています。原監督は『おおかみこども』をすでにご覧になっており、とても満足されていたようです。

さらに、『おおかみこども』には原監督の一言がきっかけで生まれたシーンがあるそうです。以前『カラフル』がアヌシー国際アニメーション映画祭で受賞したお祝いの飲み会の際、細田監督も参加されたそうで、そのときに『おおかみこども』の絵コンテで悩んでいる部分を原監督に相談したのだそうです。そして原監督はなんと答えたのかというと・・・

「細田さん、匂いですよ。匂いはすごく便利なんです。だって、匂いは描かなくてもいいでしょ?」

その原監督の言葉で生まれたシーンが何なのか、ぜひみなさんも劇場で確かめてみてください。


ところで、その対談記事の原監督のプロフィールのところにこんな一文が・・・。

現在新作準備中

こ、これはすでに新作の制作が始まっているとみていいのでしょうか。今度こそ本当に間違いないのでしょうか?

まあ、まずはその真相を確かめるためにも、来週の7月28・29日に行われるグリソムギャングの『河童のクゥ』上映会&トークイベントは大注目です。私は一応28・29両日とも参加の予定で、28日は懇親会にも参加します。果たして新作に関するお話が聞けるかどうか、今から非常に楽しみにしております。

ということで参加されるみなさん、当日はどうぞよろしくお願いいたします。
posted by チューシン倉 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック