2010年06月29日

NHKラジオ「渋谷アニメランド」に原監督出演決定!!

7月20日(火)の夜8時5分からNHKラジオ第一で放送予定の「渋谷アニメランド」に、原恵一監督がゲスト出演されるそうです!

パーソナリティはアニメ評論家として知られる藤津亮太さん。最新作『カラフル』の公開を記念しての出演だそうで、最新作はもちろんのこと、『クレヨンしんちゃん』などの秘話もたっぷり聞けそうですね。

そして、ただいま番組では、原恵一監督への質問・メッセージを募集中とのことです。締切は7月5日まで。原監督に聞きたいことがある方、メッセージのある方は、この機会をぜひお見逃しなく。私も質問したいことがたくさんあるのですが、何にしようかなあ?

メッセージ・質問は「渋谷アニメランド」の公式ホームページからお送りください。

渋谷アニメランド
posted by チューシン倉 at 00:36| Comment(2) | TrackBack(0) | パブリシティ | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

「CUT」最新号に『カラフル』原監督インタビュー

現在発売中の雑誌「CUT」最新号(2010年3月号)で、「誰も観てない映画55本!」と題して、『踊る大捜査線 THE MOVIE3』をはじめとする今年公開の注目映画最新情報の特集が組まれています。

その中には、『カラフル』も1ページで紹介されていて、しかも原監督のインタビュー付きです!原監督が『カラフル』についてメディアで話されるのは、今年に入ってからは初めてでしょうか。記事では、原監督が『カラフル』を手がけることになった経緯や、作品づくりのために中学生から話を聞いて思ったことなどが語られ、原監督の意気込みを伺わせるものでした。

もともとはサンライズの内田社長から持ちかけられた話だったのは、すでにアニメフェアでも語られているとおりですが、原監督が中学生から話を聞いて思ったことのくだりは、非常に感慨深いものでした。それは「“今どきの中学生”なんていない」ということ。
「いろいろなんです、昔も今も。彼らにとっては、家と学校がすべてで、でも、そのなかで悩みがあったりするわけじゃないですか。ひどいケースではそれで自殺してしまったりする。でもね、だったら、そんな学校行かなくていい、やめればいいとぼくは思うんです。ここじゃなくても生きていけるっていうことを教えてあげられたらいいんじゃないかと思ってますね。」
原監督の鋭いまなざしと優しさが伝わってるコメントで、これがどう作品に反映されるのか非常に楽しみですね。進行状況が気になるところですが、続報を気長に待つことにしましょう。

インタビューの詳しい内容について、ぜひ雑誌のほうをご覧ください。『踊る大捜査線』の青島刑事の表紙が目印です。


Cut ( カット ) 2010年 03月号 [雑誌]

Cut ( カット ) 2010年 03月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ロッキング・オン
  • 発売日: 2010/02/19
  • メディア: 雑誌


ラベル:カラフル 原恵一
posted by チューシン倉 at 02:34| Comment(3) | TrackBack(0) | パブリシティ | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

「アニメージュオリジナル」で原×本郷両監督の対談

1ヶ月ぶりの更新ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。すっかり寒くなってしまいましたね。

この1ヶ月間はちょっと体調を崩したり等諸々あって、なかなか書けませんでした。なので『BALLAD』の感想もいまだ書けてませんw まあ、本当はもうどうでもいいやと思ってるんですが(おい!)、さすがに公言した以上は書かなければと思いますので、もうしばらくお待ちください。

さて、現在発売中の「アニメージュオリジナル Vol.5」に、原恵一、本郷みつる両監督の対談が掲載されています。「アニメが映画に恋した日々」と題した特集記事に組み込まれていて、この特集では、映画とアニメの関係を、アニメクリエーターへのインタビューなどを通じて探っています。

続きを読む
posted by チューシン倉 at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | パブリシティ | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

残念なお知らせ&嬉しいお知らせ

そろそろ『BALLAD』の公開が近づいてきて、プロモーションも本格的になってきました。が、ここで残念なお知らせと嬉しいお知らせの二つをお伝えします。

まずは、残念なお知らせ。
どうも、『戦国大合戦』の放送の予定はないようです。日曜洋画劇場枠での放送はもちろんのこと、『クレヨンしんちゃん』の放送枠でも予定はありません。

せっかく山崎監督をはじめとするスタッフ・キャストが、原作に敬意を払って作ったというのに、製作幹事のテレビ朝日が放送しないというのはどういうこと?アニメ映画は視聴率がとれないからと言いたいのでしょうか。

原作ファンゆえにこうやって不満を抱いているのですが、それを差し引いても原案映画を放送しないというのはプロモーション的にどうかと思いますね。テレビで『戦国大合戦』を見て感動して、『BALLAD』も見てみようという人も現れると思いますし、逆に『BALLAD』を見て『戦国大合戦』にも興味を持つ人も出てくると思うんですよ。お互いにメリットのあることだと思うのに、なぜやろうとしないのか不思議でしょうがないです。

個人的にテレビ朝日のアニメに対する扱いには、いろいろ思うところがありまして、本当にアニメを重要なコンテンツとして見ているのかどうか疑問に思います。まあ、秋からゴールデンタイムに新たにアニメ枠を設けるそうですが、どこまで真剣にやってくれるのやら?

一応、全国ネットでの放送はないだけで、先日の『河童のクゥ』のように関東ローカルの深夜帯での放送ならあるかもしれませんが、なんだかなあ…。というわけで、近く戦国のDVDを観てテレビ放送された気分になっておきますw

続きを読む
posted by チューシン倉 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | パブリシティ | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

NHK「デジスタ」で原・山崎両監督共演決定!!

ついに、ついに、あの両監督が顔を会わせるときがやってきました。

毎週土曜午前0時(金曜24時)からNHK BS2で放送されている「デジタル・スタジアム(デジスタ)」。この番組は、一般視聴者からデジタルアート作品を広く公募し、その中からキュレーター(いわば審査員)と呼ばれるプロのクリエイターが4,5作品を選出し番組で紹介。さらに、その放送で出演者からの推薦が最も多かった作品が「ベスト・セレクション」に選ばれ、年末のデジスタ・アウォードにノミネートされるという、若きクリエイターの発掘・育成番組といえます。

その8月29日放送回は、山崎貴監督がキュレーターとして登場され、そしてゲストとして原恵一監督が登場されます。ついに両監督の共演が実現しました!!

ただ、今回は作品の審査がメインの番組なので、『BALLAD』と『戦国大合戦』に関する話はさわりだけかもしれません。なので、対談というかたちは、また別の機会になるでしょうね。それでも、作品の審査を通じて、それぞれの演出論や技術論が語られるかもしれませんので、映画ファンはもちろんのこと、クリエイター志望の方も必見です。

これはもう、今後のプロモーションがますます楽しみになってきました。他のメディアでも、両監督の共演があること間違いなしでしょう。『BALLAD』のこともそうですけど、何より聞きたいのは、やっぱり『オトナ帝国』と『三丁目の夕日』の二大昭和ノスタルジー映画。お互いこれらの作品をどう思っていたんでしょうかね。そこらへんも含めてぜひ聞きたい。っつーか、やれ!!

なお、BSが観られない方は、後日NHKオンデマンドでも配信される予定ですので、ご安心を。

これからの放送予定」(デジスタ)
ラベル:デジスタ
posted by チューシン倉 at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | パブリシティ | 更新情報をチェックする